豊島区の人口に関するニュース

豊島区の人口に関するニュースが連日報道されています。

豊島区の人口、28万人突破 昭和55年以来35年ぶり 東京

民間有識者会議、日本創成会議から将来の消滅可能性都市に指摘された豊島区は10日、住民基本台帳と外国人登録を合わせた人口が、昭和55年以来35年ぶりに28万人を突破したと発表した。

増加した要因について区では、交通利便性の良さが評価されたことに加え、西池袋などでの大型マンションの建設が進み、転入者が増えたことをなどをあげている。

消滅可能性都市は、若い女性が減少する推定だが、今月1日時点で20歳~39歳の女性人口は4万6625人で、1月1日時点の4万5682人より943人増加した。

区は「女性の住みやすいまちづくりを意識した政策を実施することで、若い女性の人口を増やし、消滅可能性都市から持続発展都市へと転換することができればいい」と話している。

高野之夫区長も「新たな都市像の実現に向けて区民の皆様とともに全力で取り組んでいく」と脱・消滅可能性に意欲をみせた。

情報源: 豊島区の人口、28万人突破 昭和55年以来35年ぶり 東京 – 産経ニュース

豊島区と秩父市 高齢者移住計画で合意

 豊島区の高野之夫区長と埼玉県秩父市の久喜邦康市長が、同市役所で会談し、豊島区が区内の高齢者に秩父市への移住を促し、秩父市が受け入れのための施設を整備する計画を進めることで合意した。

 両区市は姉妹都市として交流があり、区内に特別養護老人ホームを新設する土地がない豊島区と、高齢者が健康なうちにケア付き施設に住む地域共同体の創設を構想する秩父市の思惑が一致した。

 十三日にあった会談は非公開。両区市によると、高野区長は「西武線一本で約一時間半で来られる。平日は秩父、週末は豊島で娯楽を楽しむライフスタ イルも可能」と語り、久喜市長も「向学心のある高齢者に秩父の歴史や文化に接してもらい、生涯学習サービスも提供できる」と応じた。

 高齢者の地方移住をめぐっては、民間の有識者団体「日本創成会議」が六月、都市部で医療介護サービスが急激に不足するとして移住を促す提言を発表した。 (皆川剛)

情報源: 東京新聞:豊島区と秩父市 高齢者移住計画で合意:東京(TOKYO Web)

 

これを受けて

ピーク3分の2まで人口減少の豊島区、増加続く

東京都豊島区の人口が今月、約35年ぶりに28万人を超えた。

同区は昨年5月、有識者らでつくる「日本創成会議」の将来予測で都内23区で唯一、人口減少により行政サービスなどが維持できなくなると指摘され、人口減対策に力を入れている。高野之夫区長は「庁舎を移転した記念すべき年に人口が28万人を超え、感慨深く思っている」とコメントした。

同区の人口は、1964年1月1日時点で35万3953人だったが、以降、少子高齢化などで長期的な減少が続き、1997年1月1日時点で24万6505人まで減少した。

しかし、その後は高層マンションの建設や都心回帰の動きなどで人口が増加に転じ、2013年には27万人を超え、今月9日、28万18人となった。

人口が増加傾向にある一方で、年齢の内訳をみると15歳未満の人口の割合は1980年(約15%)と比べてほぼ半減し、約9%。65歳以上の老年人口が倍増の約20%となっている。

情報源: ピーク3分の2まで人口減少の豊島区、増加続く : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

課題はありますが35年ぶりと豊島区の未来に期待したいです。

Similar Articles